ワンコウォッチ
 
自宅でお買い物
野菜の苗もあります

野菜の苗と栽培セット

家庭園芸用品色々と揃います。

家庭菜園







AmazonStore
by amanatu

 
Amazon リンク
レゴランド


靴・バッグ・デザイナーズ
ブランドまでを紹介します。


商品の到着後30日間以内であれば
送料無料で返品を受付けます。






 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
今年の野菜春先から徐々に高値に移っていき、今では本当に高いと思いませんか、この高値に農水省も産地に規格外品の出荷を要請している位ですからまだしばらく高値は続くと思われます。

この高値はどうしてと思われるかも知れませんね、台風が来たワケではないのですが、夏場の異常高温で野菜にダメージを与えました、これで2~3割の出荷減になった事はニュースでもよく伝えられています。

本来なら今の季節夏物と秋冬物が重なって野菜はかなり安い値段を付けることが普通なんですが今年は夏物が不足していました、そして秋冬物の野菜がまだ出荷できる状態ではありません。

ここで言う夏物、秋冬物はキャベツでもキュウリやトマトでも産地が変わってくることを言います、つまり夏場に出荷してくる地域と秋から冬に出荷してくる地域が違ってくることを言い、また品種も変わってくることを指しています。

つまり沢山の野菜で市場がうまっていることが普通なんですが、今年はどちらも出まわっていない状態になっています、つまり品不足が招いた高値だと言う事です、後1月位はこの状態で推移するのではないでしょうか。

今年は野菜の高値を話題にすることが多くて自分達もあまり歓迎できる状態ではありません、出来れば早く安くなってほしい所です、野菜が高いときには品質が落ちるのが普通で高いから良い物があるとは限らないからです。

少しでも品質の良い物を皆さんの手元に届けたい所ですが、今は品物を揃えるだけで精一杯の状態です、品物が悪いのに値段ばかりが高くて申し訳ないのですが市場に品物がないことを理解して下さい。

言い訳めいて申し訳ないのですが天候の勢です、全国の生産者や販売者が悪いのではないと言うことを理解してもらえれば有り難いです。

ブログトップへ        八百屋のオッサンのお店へ


スポンサーサイト
2010/10/09(土) 22:30 | コメント:0 | トラックバック:0 |
今年の夏長いですね、毎日35度を超える猛暑日が続き心も体もグッタリの日々が続いていました、でも9月も半ばになってやっと朝晩涼しい風が吹く様になってきました。

秋の気配がやってきた様に思いますが、天気予報ではまだ晴天が続くと言っています、また少しずつ気温も落ちてくると思いますが平年より高い日が続いています。

この晴天続きで農作物の被害もかなりな物になっています、たとえばお米実のなるときに雨が降らず稲の穂も頭(こうべ)を垂れることもないと聞いています、平年作の2割減の収穫だという地域もあるみたいです。

野菜も果物も同じく被害が出ています、天気がよくて被害が出るなんてと思われるかも知れません、でも実のなる時期や成長するのに大事な時に晴天続きです、雨が降れば畑の土も生き返るのですが。

畑が乾きすぎているため少し位水を入れても効果がありません、やはり雨が必要なんです、その雨も降れば被害が出る位の記録的な雨が各地をおそってくるんです、これでは人も野菜もたまりません、この異常気象で野菜の高騰は続いたまんまです。

8月の半ば位から野菜の高値が出始めていました、それが未だに続いているんです、更にまだ続きそうな気配が出ています、あまりに異常な高温に晴天が続き野菜はかなりのダメージを受けています。

かなりのダメージを受けているため今市場に出ている野菜の品質は落ち気味で、これは素晴らしいといった野菜にここしばらくお目にかかっていません、自分のブログもあまりに品質の低下した野菜ばかりのため更新が滞りがちなぐらいです。

本来なら秋物野菜の事を紹介すべきなんですが、今は使う分だけの野菜を買いましょうとしか言いようがない状態です、この高値来月の半ば位までは続くのではないでしょうか。

本当に野菜を買うのであれば少量づつ買って使い切りにした方が良いですよ、自分が販売していてなんですが今は野菜の買い時ではありません、美味しい物も少ないので今は奨められません。

また良い物が入れば紹介したいと思いますが、今は野菜の高値を嘆くだけです、皆さんも野菜を買うときには気を付けて買って下さい。

ブログトップへ        八百屋のオッサンのお店へ


2010/09/14(火) 20:22 | コメント:0 | トラックバック:0 |
今日で8月も終わりです、この頃野菜の品質も悪く値段も高い目の日が続いています、特にこれといった話題もなく、ただ品質の悪い高い野菜を売る日々です。

この夏の猛暑は以上ですね、熱中症にかかられる方も多いみたいで毎日の様にニュースで見かけます、この暑さは当然野菜にも悪影響が出ています。

特にこの野菜に注意して下さいと言えないほど全ての野菜の品質が落ちています、影響のない野菜はモヤシや貝割れなどのスプラウト類、後は工場生産のハーブ等ぐらいしか有りません。

こんな時値段が高いだけでなく、日持ちも悪いので鮮度のよい野菜を少しずつ買う事を奨めます、チラシで安売りされていても無駄な買い物は控えるべきです、その時は安く買えた様に思えても使い残すとすぐに劣化して美味しくなくなります。

自分の経験ではその日使う分を少しずつ買って全て使い切った方が安く付くことの方が多いと思います、特に味や栄養価が落ちやすいので土付きのジャガイモや玉ねぎの他は買いだめしないで下さい、今各家電会社から性能の良い冷蔵庫が出されています、でも高性能な冷蔵庫で保存しても保存が効かないほど野菜が弱っています。

何遍も言いますがこの暑さが収まるまでは野菜の買いだめは控えましょう、冷蔵庫に保存していても傷んでくることが多いため後悔する事になりますよ。

自分達も入荷した野菜が全て売り物になるとは考えていません、箱で入荷した物の家いくつかは販売できない物も混ざってきます、それが今入荷する野菜の現状です、良い物だけが店頭に並んでいるとは思わない方が良いでしょう。

とにかく天気予報で猛暑日が続いている間は望み薄と思って下さい、気温が落ち着いてきてもしばらくの間は品質的に満足のいく野菜は出てこないと思います、今は野菜の買い時ではありません、使うだけにしておきましょう。

ブログトップへ        八百屋のオッサンのお店へ


2010/08/31(火) 19:40 | コメント:0 | トラックバック:0 |
暑いですね~暑いとしか言葉が出ません、今年の夏の異常さは梅雨の時には予想もされていませんでした、梅雨の時には逆に冷夏になりこの夏は過ごしやすいのではと言っていた物です。

暑さの原因はチリ沖の海水温が下がるラニーニャ現象の影響があるという話です、ラニーニャとはスペイン語で可愛い女の子という意味だそうで、この暑さをもたらすのであればちっとも可愛くない名前になりますね。

逆にチリ沖の海水温が上がるとエルニーニョ現象と言われています、このエルニーニョもスペイン語で男の子(神の子)と言った意味になるそうです。

どうして太平洋を遙か離れた地域の海水温が日本にまで影響するのでしょう、これはチリ沖の海水が貿易風といった地球をまわる風に吹き寄せられ温かい海水の領域がどこまで運ばれるかによるようです。

つまり貿易風の吹く強さが弱いとエルニーニョになり、強いときにはラニーニャになるという話です、日本にとってどちらでも良いのではと思われますが、エルニーニョの時には冷夏になり、ラニーニャの時には猛暑になると言う事です。

この吹き寄せられた海水温の高い領域がラニーニャの時にはフィリッピン沖に出来、エルニーニョの時にはチリ沖にとどまると言う事です、高温(例年に比べて1度位の上昇なんですが)の海水の塊がどこに出来るかで上昇気流の出来る位置が違いその上昇気流から吹き出した乾いた高温の空気がどこに吹き込むかで変わってくるんです。

エルニーニョの時には太平洋に、ラニーニャの時には日本上空に乾いた空気の吹き出しがあり太平洋高気圧を維持する訳ですこの高気圧の強さを決めているのはチリ沖の海水温の上昇です、今年のラニーニャ現象はかなりの期間維持されているので日本から高気圧がなかなか離れない状態になっている訳ですね。

この高気圧の吹き出しが日本に居座りこの猛暑を呼び込んでいる訳です、この猛暑人間にもかなりの負担ですが野菜にとっても耐えられない高温です、今年の梅雨は長引き野菜にはかなりのダメージでした、それがこの猛暑です、回復することなくこの暑さで更にダメージが加速されている様に見えます。

今野菜の値段が高止まりしています、更に品質も落ちてきているので、高いのにあまり良くない野菜が多いのでは、これは店側ではどうしようもないことです、しばらくの間は品質の悪い野菜を高値で買わなければならないでしょう。

野菜の高値だけであればまだ良いのです、この頃の異常気象でゲリラ豪雨に遭われ被害を受けた方もいます、その様な方から比べれば野菜はいずれ値が落ちてきますのでもうしばらく辛抱してみましょう。

でも野菜の事を紹介している自分のサイトでこの様な天気のことを解説しているのでしょう、それは野菜の生育には天気の状態が生育を大きく左右するからです、つまり産地での天気によっては選ぶ産地が変わってくると言う事です、よい野菜を提供するためには産地の天気も重要な情報源です。

八百屋はただ中央市場に入荷した物を買い付け、それを販売するだけではお客さんによい物を提供することが出来ないと言う事です。

八百屋を志す方で自分の店がもう一つ売り上げが伸びないと思われる方、産地の天気も気にかけてみましょう、よい野菜を妥当な値段で売ればお客さんは選んでくれますよ。

ブログトップへ        八百屋のオッサンのお店へ


2010/08/26(木) 21:05 | コメント:0 | トラックバック:0 |
今年の夏は冷夏じゃないのか?天気予報では冷夏の可能性が高いと梅雨の長雨の時期に予報されていました、自分もあれだけ雨が降れば冷夏予想を信じていました。

自分達が天気を気にするのは野菜の値段に天気が大きく影響するからで、天気の流れ方によって品質の善し悪しも大きく変わってきます。

今年の梅雨は記録的な豪雨で、全国的に野菜に被害が出ていました、野菜の値段にも影響が出ていたんです、梅雨明けを待ち焦がれ太陽が照ることを願っていました、ところが夏に入ったとたんにこの猛暑です。

チョット暑すぎるのではと思っていた所、野菜の値段に出始めました、梅雨末期から値段は上がり始めていましたが更に高値になり始めています。

特に高原野菜と言われている、キャベツレタス、葉物などがかなり高値を付ける様になってきました、例年なら高原物の野菜は出荷が最盛期に入り値段も手頃なことが多いのですが、今年は天気が異常ずくめ、かなりな高値が出始めています。

自分は冷夏を予想していたので高値は仕方がないと思っていたのですが、この猛暑は予定外でした、同じ高値でもこの猛暑の高値は値段が上がるだけでなく、品質もかなり落ちてきていることが気になります。

梅雨時の大雨で土中の水分量が異常に増えた為、今露地物野菜は根の発育が悪くなっており、雨が収まってこれから発育がもどるときにこの猛暑が来ました、野菜の体力がもどらない内の高温です、野菜にダメージが出やすくなっています。

またゲリラ豪雨も要注意です、雨の勢いが強い為野菜に傷を付けてしまいます、この傷から病原菌が蔓延しやすく、商品価値が下がってしまいます。

つまり出荷できる野菜の量が少なくなってくるのに需要は下がらない為値段が上がってきます、また露地物だけでなくハウス野菜もこの高温でダメージが出ています、ハウス内の温度が上がりすぎ温度管理が難しくなります。

この夏は自分達人間も過ごしにくいのですが野菜はそれ以上にダメージが出ているみたいです、しばらくの間野菜の高値は続く感じです、また品質も落ち気味です、あまり買い込まない様にしましょう。

ブログトップへ        八百屋のオッサンのお店へ


2010/08/03(火) 21:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
COOKPAD レシピ検索
料理名を入れて検索ボタンを押して下さい。
素材名でも良いです。
developed by 遊ぶブログ
料理のレシピが表示されます、空白にして検索ボタンを押すとたたまれます。
 
カテゴリ
梅 (4)
栗 (2)
 
全部の記事を表示します
記事を探します
野菜の名前を入れればブログ内の記事を探します
 
最新記事
 
プロフィール

八百屋のオッサン

Author:八百屋のオッサン
主婦の賢い買い物のお手伝いをしたいと思います。
選び方や保存の仕方、野菜の豆知識を色々と

只今、内部リンクの更新中です、ご迷惑をおかけします。

 
来てくれた人
 
カレンダー
06 ≪│2017/07│≫ 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新トラックバック
 
My Yahoo! に追加
My Yahoo!に追加
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。