ワンコウォッチ
 
自宅でお買い物
野菜の苗もあります

野菜の苗と栽培セット

家庭園芸用品色々と揃います。

家庭菜園







AmazonStore
by amanatu

 
Amazon リンク
レゴランド


靴・バッグ・デザイナーズ
ブランドまでを紹介します。


商品の到着後30日間以内であれば
送料無料で返品を受付けます。






 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
暖かくなりかけたら大根に注意しましょうでトウダチした春大根を紹介しました、辛味大根にもトウダチが目立つようになったので紹介します。

トウダチとは春先、大根が晩期になってくると根に蓄えた栄養が花を咲かせる為に使われる事で、茎が伸び始める現象です、これは大根に限らずアブラナ科の野菜全般に言えます、キャベツ白菜もこの現象が起きやすい野菜になります。

辛み大根 ヒネ物01 辛み大根 ヒネ物04

これがトウダチした辛味大根です、この角度から見るとあまり分からないかも知れません、でも右側の画像を見て戴くと葉と葉の間に細い新芽が出ている事に気が付かれませんか。

つまりこの新芽、大根が栄養を根に蓄える方向から種を作る方にシフトしようとしているから出てくるんです、つまり大根自体の味が落ちてくると言う事になります、これは人間側から見て都合が悪い事ですが、植物にとっては当たり前の成長過程なんです。

味が落ちると言う事は人間のかってなんですが、商品価値が下がると言う事で商品として買ってはいけないと言う事にもなります。

辛み大根 ヒネ物07

この角度から見るとよく分かるでしょう、中心の軸が太くなっている事に気が付かれましたか、これが伸びると花が咲き種が出来る様になります。

この様な大根辛味大根に限らず青首大根にも出て来ます、暖かくなりかけたら大根に注意しましょうで言っている事の繰り返しになりますが、この様な大根は味が落ちてきますので買わないようにして下さい。

買わないようにと言っているのに店頭には並んでいます、これは品揃えのためだけに商品を並べているためで、美味しい野菜を消費者に届けようとする姿勢ではありません、特に大型のスーパーなどではよく見かける光景です、これは消費者の手元に美味しい野菜を届けるという使命を忘れている為ではないでしょうか。

自分は美味しくない時期に無理にその野菜を置く事は反対なんですが、近頃のスーパーではその商品を置く為に陳列ケースにはその場所が確保されています、ソコがあいていると欠品していると注意されるみたいで、売り場で商品を管理している物の責任ではありません。

皆さんがその様な野菜を買わなければいいだけです、良い野菜を見分ける目を養って美味しい時期だけその野菜を買うようにすればいいんです。

野菜を見分ける目が出来ると本当に美味しい時期(旬と言います)にだけ美味しい物を買えるという特権が手に入ります、良い野菜を見分けて美味しい物だけを手に入れて下さい。

辛味大根に戻りますがこの様にトウダチした物は辛味だけでなく苦みも出てくるようになります、ザルソバや天ぷらに使った時苦みが感じられると料理も台無しです、ここに紹介してあるような辛味大根は買わないようにして下さい。

大根を使った料理の本 大根おろし器色々

ブログトップへ        八百屋のオッサンのお店へ


スポンサーサイト
2010/03/26(金) 22:09 | コメント:0 | トラックバック:0 |
大根の美味しいときって知っていますか、一年中出ているのであまり気にした事はないと思います、でも夏場は辛くなって冬場は甘いと言う事ぐらいは知っていますよね。

その大根暖かくなってきたこの頃気をつけないと美味しくない大根を買う事になります、季候も良くなり草木も新緑に染まる頃野菜も美味しくなると思われがちなんです、でも自分達の常識では春先の野菜には気をつけろと言われる位春先の野菜は品質が落ちるんです。

不思議に思われるかも知れません、これは野菜も子孫を残す為に種を作る方に成長させるんです、つまり花を咲かせ、種を作る為、大根に蓄えられた栄養分を花に送ると言う事です、これは植物にとっては当たり前なんですが、人間にとっては少し都合が悪い事なんです。

味が悪くなる、日持ちがしない、食感が硬くなるなど人間側から見ると都合の悪い事ばかりになります。

大根 冬物 トウダチ01 大根 冬物 トウダチ03

これが冬大根の晩期に出てくる物です、赤い丸の中を見てもらえれば分かると思います、葉っぱの中心に太くて丸い物が見えませんか、これは大根の茎が生長した物でこの先に花が咲くんです。

この様な大根が植わった大根畑を遠くから見るとおそらく菜の花畑のように見えます、大根もアブラナの仲間になりますので、知らない方が見ると菜の花に見えるでしょう。

上の画像の葉っぱの状態を見て下さい、横に広がりかけて硬そうに見えませんか、実際この大根の葉っぱ硬くてあまり美味しくありません、特に赤丸の中心にある茎は食べられません。

葉っぱが硬いだけなら良いのですが、大根自体の味も落ちていますので新鮮な物でも美味しくありません、煮物にするとゴリゴリとした食感の物もあります、春先の大根ではよく不味いと言われる事がありますのでこの様な大根は買ってはいけません。
続きを読む »
2010/03/04(木) 19:45 | コメント:0 | トラックバック:0 |
大根は冬が旬の野菜ですが今は一年中出ていますよね、でも買う時季によっては中にスが入っていたことはありませんか、特に暖かい時季にスが入っていることが多いと思います。

普通店頭で売られている大根は青首大根といって上から下まで同じような太さで、上の方が緑色になった物が多いと思います、この大根は辛味が少なく周年栽培されているので一番見かけることも多いと思います。

暖かい時季には天候によっては畑で収穫する前の大根でさえスが入ることもあります、でも保存の仕方によってはスが入っていない大根を買ってきても家庭で保存しているときにスが入ることもあります。

特に一本丸ごと買ってきたとき2~3日置いておいたらスが入っていて美味しくなかったことはないでしょうか、自分は暖かい時季一本買いを奨めません、それは販売した方の管理が悪くてスが入った物か、家庭での保存方法が悪くてスが入った物か分からないからです。

大根 夏物悪い物17 大根 夏物悪い物18 大根 夏物悪い物19

チョット見にくいですが大根をカットしたとき大根の中が白くモヤモヤした感じの物があると思います、これはスが入る最初の段階でこの程度の物でしたら料理にあまり影響しません、もう少し進むとこの白いモヤモヤした部分に穴が開いてきます。

これくらいの物でしたら販売されていることもありますので気をつけて下さい、外観を見ても良い物とほとんど見分けが付きません。
続きを読む »
2009/10/04(日) 21:34 | コメント:0 | トラックバック:0 |
夏場に多い現象なんですが大根を切ったときに中が黒いことがあります、これって気持ち悪いですよね、こんな感じで中が黒くなっています。

大根 夏物悪い物11 大根 夏物悪い物12

特に青首の部分に入る物で、冬が旬の大根を夏場に栽培したとき、大きくなった物にたまに見られる現象です。

暖かい時期に大根を一本丸ごと買うと外見はキレイなんですが、中がだめだったと言うことがあります、そんなときは腹が立つ物ですよね、この大根も外見はキレイなんです。

大根 夏物悪い物14

このように葉っぱの部分を切り落としたときに初めて分かるもので、自分たちも外見だけでは分からない症状です、見た目はこんなに良い大根ですが、すべて中が黒くなった大根です。

外見だけは張りがあって色つやもいい一級品の大根なんですが、カットように切ってみて初めて分かることですので、もしこんな大根を買われても怒らないで下さい、こんな症状は生産者さんでも分からないものですので、買ったお店で交換してもらいましょう。

この症状は大根の青い部分に出やすい症状です、暖かい時期に急激に大根が大きくなりすぎると土から出ている部分(青首の部分)にスが入りスの部分が黒く変色した物です。

今サンマが美味しい時期で大根おろしがほしいですよね、おろしに使うのであれば下半分は使えますので使いましょう、あまり味も落ちていませんので使ってもらっても大丈夫です。

大根の水晶現象のときにも書きましたが、夏場の大根は大きな物や一本丸ごと買うのはさけた方が良いでしょう、冬大根になるとこのような物はほとんど出ませんので一本丸ごと買いたいときにはおでんが恋しくなってからにしましょう。

たくさん使いたいときはカットされた物をいくつか買った方が安心です。

大根を使った料理の本 大根おろし器色々

ブログトップへ        八百屋のオッサンのお店へ


2009/09/23(水) 20:13 | コメント:1 | トラックバック:0 |
夏場の大根に見られる生理現象で水晶現象と言われています。
カットしたときに初めてわかる物で、外観からはなかなか判別しにくい症状で自分たちも困っています。

大根の内部が透明から紫色に変色する現象で、いかにも病気らしく見えますがこれは保存状態の悪いとき出る症状です。

大根 夏物 水晶現象06

このように内部が透明から紫色に近い色に変色しています、これは収穫したときにはごく普通の大根だった物ですが、出荷されてからの保存状態が悪いときに発生します。

発生の条件として、夏場に常温で長く置いたときや冷蔵と常温での保存を繰り返したときなどに発生します。

病気ではありませんので食べても大丈夫ですが、味も食感もかなり落ちますので食べない方がいいでしょう。

大根 夏物 水晶現象03 大根 夏物 水晶現象04 大根 夏物 水晶現象05

左から順番に悪くなった物で、左端の物などはなかなか気がつかないことがあり、外観からは全く判別できない物です。

夏場の大根を買うときには、安くても1本丸ごと買うのではなく、カットされた物をよく見て買う方がいいでしょう。

また大根の先を切るとこの症状を見分けられることがあります、先を切ったとき左端のような状態の物は、大根全体にこの症状が出ていることがほとんどなので、大根の先を切り落として販売している店はこの症状を確認してから出していると思いますので、そのような店で買いましょう。

良い物を購入しても家庭での保存の仕方が悪いとこの症状が出ますので、買ってきた物は半分にカットして中を確かめましょう、切り口はラップで包むかポリ袋に入れて冷蔵します。

できればカットしてある物を選んだ方が無駄な買い物をしなくてすむので、使う分だけ購入した方が安い買い物ができるでしょう。


ブログトップへ        八百屋のおっさんのお店へ


2009/07/21(火) 19:25 | コメント:1 | トラックバック:0 |
COOKPAD レシピ検索
料理名を入れて検索ボタンを押して下さい。
素材名でも良いです。
developed by 遊ぶブログ
料理のレシピが表示されます、空白にして検索ボタンを押すとたたまれます。
 
カテゴリ
梅 (4)
栗 (2)
 
全部の記事を表示します
記事を探します
野菜の名前を入れればブログ内の記事を探します
 
最新記事
 
プロフィール

八百屋のオッサン

Author:八百屋のオッサン
主婦の賢い買い物のお手伝いをしたいと思います。
選び方や保存の仕方、野菜の豆知識を色々と

只今、内部リンクの更新中です、ご迷惑をおかけします。

 
来てくれた人
 
カレンダー
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新トラックバック
 
My Yahoo! に追加
My Yahoo!に追加
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。