ワンコウォッチ
 
自宅でお買い物
野菜の苗もあります

野菜の苗と栽培セット

家庭園芸用品色々と揃います。

家庭菜園







AmazonStore
by amanatu

 
Amazon リンク
レゴランド


靴・バッグ・デザイナーズ
ブランドまでを紹介します。


商品の到着後30日間以内であれば
送料無料で返品を受付けます。






 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
お盆も過ぎたのに残暑が厳しいですね、自分もかなり食欲が落ちている様に思います、この残暑を乗り切り夏バテをしないためにもスタミナの付く食べ物を食べたい所です。

スタミナの付く食べ物って、思い出すのが焼き肉です、でも油がきつくって暑いときにはちょっとと思われている方、山ワサビ(西洋ワサビ)って言う食べ物があることを知っていますか。

山ワサビ02

これが山ワサビ(西洋ワサビ)まるで木の根っこの様な感じです、英語名ホースラディッシュ、フランス語でレホールとも言います。

売られているときにはこれらの名前が混在して売られていますが、どれも同じ物になります、また北海道で主に作られており、北海道では山ワサビの名前で通っています。

生わさび

こちらが普通にワサビといわれる物で摺りおろすと緑色をしており、寿司やお造りの味を引き立てる薬味として皆さんご存じの通りです。

このワサビを本ワサビなどと言い西洋ワサビとは区別されています、普通にワサビと言えばこちらのことになりますので気にする事はないでしょう、これに比べて西洋ワサビは辛味の成分などは同じなんですが見た目が全然違います、それを区別するため北海道では山ワサビと言っています。

山ワサビ07

ワサビは綺麗な水が流れ、直射日光があまり当たらない沢の水の中で育ちます、山ワサビは普通の畑で作られています、また生命力が強く山ワサビの切れ端を植えておけばドンドン増えていくので北海道では自生している所もあります。

この山ワサビを乾燥させて粉末にした物が皆さんご存じの粉ワサビになります、見た目は全然違いますが辛味成分はワサビと同じためチュウブに入って売られている練りワサビにも使われています。

値段はワサビに比べてかなりの安さで売られているので使いやすいワサビです、ちょっと風味が違うため、寿司や刺身に使うよりも肉料理に使った方が生きてくるワサビで、焼き肉やステーキ、ローストビーフなどの肉料理に合います。

この残暑厳しいときに肉料理でスタミナを付けませんか、食欲がないときでもこの山ワサビを少し添えるだけで味がぐっと引き立ちますよ、また摺りおろした物をご飯に載せ、塩昆布と一緒にお茶漬けはいかがですか、サッパリと食べていただけるお茶漬けの出来上がりです。

北海道以外ではあまり見かけないかも知れません、もし見かけられたら一度試してみませんか、料理のバリエーションを増やすためにも挑戦してみて下さい。

  

ブログトップへ        八百屋のオッサンのお店へ


スポンサーサイト
2010/08/19(木) 20:16 | コメント:0 | トラックバック:0 |
根茎を摺りおろす本ワサビは知っていると思います、でもワサビは捨てる所のない植物だと知っていましたか、今回はワサビの葉っぱを紹介します。

葉ワサビ01

これがワサビの葉っぱでハートの形をしていることが特徴で、葉っぱのフチがぎざぎざしています、春先になるとスーパーの店頭で見かけることもあると思います。

葉ワサビ03 葉ワサビ05

10枚位葉っぱを束ねて売られている事が多いと思います、見かけても買ったことはないという方がほとんどでしょう、まず食べ方が分からない物ってなかなか手が出しにくいですよね。

どのようにして食べるのかといいますと、まず薄塩で軽く揉んでサッと湯通しすることが基本になります。

一番簡単な食べ方はおひたしです、湯通ししたワサビの葉っぱを冷水に取り水気を絞ります、カツオ節をかけて醤油やうどん出汁などで和えれば出来上がり、これだけでワサビの風味と辛味が味わえます。

次はワサビの葉っぱの三杯酢、ワサビの葉っぱを4センチ位の幅で切りザルに受け熱湯をかけます、この葉っぱに軽く塩をして揉みます。

酢4,砂糖2,塩1の割合で三杯酢を作り揉んだワサビの葉を漬けます、これで食べられますが少し置いた方が良いでしょう、保存する時は密閉容器に入れて冷蔵庫で保存します、2~3日で食べきって下さい、ワサビの風味が飛んでしまいます。

簡単に調理できますのでワサビの風味を楽しみませんか、春だけ市場に出て来ますので一度試して下さい、少しピリッとした大人の味をどうぞ。

ワサビの葉っぱなんですが、葉を取るために普通のワサビとは別に栽培されています、摺りおろす本ワサビと同じワサビなんですが栽培方法を変えているんです。

ワサビを取るため良い物を選抜し、選抜から漏れた物をハウスで育成させたワサビから葉を収穫して市場に出します、本ワサビも葉ワサビも元は同じ物ですから辛味も風味もあまり変わりません、でも一年中市場に出ている本ワサビに比べて葉ワサビは春先だけですので見かけたらどうぞ。

季節の野菜を使った料理の本

ブログトップへ        八百屋のオッサンのお店へ


2010/02/04(木) 17:52 | コメント:0 | トラックバック:0 |
生のワサビ(本ワサビとも言う)を自分ですり下ろして料理に使った事はありますか、普段お刺し身などを買うとワサビを摺りおろした物が小さな袋に入って一緒に入っていることが多いと思います。

その袋入りのワサビやチューブに入ったワサビを使われることが多いのではないでしょうか、でも付いている物やチューブ入りのワサビって本ワサビが使われていることはほとんど無いと言うことを知っていますか。

実はワサビ大根というワサビとは煮てもにつかない物を使って作られています、つまり辛味を持っているワサビ大根を摺りおろした物にワサビ風の着色と香りを付けた物です、本ワサビ入りと言っている物でも本ワサビはほとんど使われていません。

確かに本ワサビが入っていることは入っているのですが、ワサビの葉や細い根の部分から抽出したワサビの成分を混ぜているのに過ぎません。

ワサビは根から花まで辛味成分や香りが含まれています、使わない部分の有効利用ですから問題はありませんが、100%本ワサビを使った物はありませんので間違わない用にして下さい。

生わさび03


本来のワサビを使いたければやはり生で売られているものを買うしか有りません、本ワサビ摺りおろした物とチューブに入って売られているワサビではぜんぜん違います、一度生のワサビを使っていただくと分かると思います。

ワサビにはたくさんの品種があるんです、その品種ごとに味も香りも変わってきます、自分も分からないので品種の話は出来ませんが、選び方については言えます。

生わさび04 生わさび 悪い物03 生わさび 悪い物08
続きを読む »
2010/01/18(月) 19:24 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ワサビの旬は冬になります(冬のワサビの方が辛味が強い)が、1年中出回っているので、よく見かけると思います、特に夏場などお刺身に使われることが多いので、夏場の方が出回っているかもしれません。

茎の部分が色鮮やかで緑色の物、張りがありシャキッとした物を選びましょう。

生わさび01 生わさび02

このような瑞々しい物を選びましょう。(上の物で3年物になります)

表面のデコボコが黒ずんでいる物や張りがなくツヤのない物、茎の部分が縮んでいる物は選んではいけません。

少しわかりにくいですが、ワサビの辛味はシニグリンという成分がミロシナーゼという酵素に分解されて、アリルカラシという辛味成分に代わった物です。

この成分はすりおろして細胞同士を混ぜ合わせたときに、育成されますのでそのままかじってもあまり辛くないと思います。
続きを読む »
2009/06/19(金) 19:20 | コメント:0 | トラックバック:0 |
COOKPAD レシピ検索
料理名を入れて検索ボタンを押して下さい。
素材名でも良いです。
developed by 遊ぶブログ
料理のレシピが表示されます、空白にして検索ボタンを押すとたたまれます。
 
カテゴリ
梅 (4)
栗 (2)
 
全部の記事を表示します
記事を探します
野菜の名前を入れればブログ内の記事を探します
 
最新記事
 
プロフィール

八百屋のオッサン

Author:八百屋のオッサン
主婦の賢い買い物のお手伝いをしたいと思います。
選び方や保存の仕方、野菜の豆知識を色々と

只今、内部リンクの更新中です、ご迷惑をおかけします。

 
来てくれた人
 
カレンダー
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新トラックバック
 
My Yahoo! に追加
My Yahoo!に追加
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。