ワンコウォッチ
 
自宅でお買い物
野菜の苗もあります

野菜の苗と栽培セット

家庭園芸用品色々と揃います。

家庭菜園







AmazonStore
by amanatu

 
Amazon リンク
レゴランド


靴・バッグ・デザイナーズ
ブランドまでを紹介します。


商品の到着後30日間以内であれば
送料無料で返品を受付けます。






 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
お正月用に野菜をたくさん買ってしまって冷蔵庫もいっぱいで入れる所がないと思っている方、良い方法があるんです、まずスーパーや八百屋さんでキレイな段ボール箱(シッカリした箱が良いです、リンゴやミカンの箱が良いでしょう)をもらってきましょう、後は新聞紙と少しのポリ袋を用意して下さい。

この方法は段ボール箱を冷蔵庫代わりに使うため温かい地域(沖縄)ではあまり奨めません、また氷点下まで温度が下がる所も奨めません、段ボール箱を温度の低い所、マンションでしたらベランダ、普通の家でしたら軒先などにおける場所を確保して下さい。

日が当たる所は日よけを用意して下さい、屋内でしたら温度の上がらない玄関(お客さんが来るときは他の所へ)や人の出入りの少ない部屋が良いでしょう。

芋類(ジャガイモ、サツマイモ、里芋など)玉ねぎは直接新聞紙で包んで箱に入れるだけです、ポリ袋に入れて売られている物は袋から出して下さい。

根菜類(大根人参、土ゴボウなど)葉が付いた物は根元から葉っぱを切り落とします、切り口はラップで包み一本ずつ新聞紙で包みます、包んだ物をポリ袋に入れて口をしばって箱に入れます、このとき少し湿らした新聞紙を一緒に入れておけば効果的です、大根の葉っぱなどは濡れた新聞紙で包んでポリ袋に入れて箱に入れます。

白菜やキャベツを玉で買ったときは新聞紙で包んで芯の部分を下にして箱の中へ入れます、外側から剥きながら使うと思いますこのとき出てくる芯は切り落として下さい、この芯の部分に濡らした新聞紙を当てておくと効果が出ます、カットして売られている物はラップで包んで水分が抜けないよう切り口を下にして箱に入れます。
続きを読む »
スポンサーサイト
2009/12/29(火) 20:27 | コメント:0 | トラックバック:0 |
野菜にはその種類によって、保存の方法が違ってきます、それは収穫の時期や食べる部分で育成の仕方が違うために起こることで、そのタイプに応じた保存方法を工夫すれば長持ちさせることが出来ます。

野菜にもストレスがあって、そのストレスを取り除いてやることで、品質の劣化を遅らせることが出来、長持ちをさせることが出来るようになります。
(ストレスとは、収穫されたときから新しい栄養分が吸収できなくなるため、体内の養分を使用して、体を維持しようとする、植物の本能のような物で、この養分を使わせないようにすれば、味が落ちにくく長持ちさせることが出来ます)

植物も常に呼吸をしていて、エチレンガス(植物の成熟促進ホルモン)を出します、野菜の種類によってその呼吸が激しい物もありますので、抑えてやる工夫も必要になってきます。

保存方法には、常温・冷蔵・冷凍がありますが、その野菜の旬の時期に関係があって、夏の野菜は低温に弱く、冬の野菜は冷蔵してやることが基本になります。

また旬の時期には露地物が出ますが、露地物の場合収穫するときの天候によって、同じ野菜でも日持ちの時間も変わってきます(雨採りと言われる物は気をつけましょう、野菜の内部の水分が多すぎると傷みやすくなります)


ブログトップへ        八百屋のおっさんのお店へ


2009/06/20(土) 18:49 | コメント:0 | トラックバック:0 |
年間を等して、常温で保存します、ただし風通しの良い場所で光を当てないようにします。(光を当てると栄養素を補給しようとして、葉緑素を出し緑色に変色します、えぐみの元になるので暗いところに置きましょう)

たとえば新聞紙などでくるんで、邪魔にならないところで、ただし詰めて保存するとお互いに押し合って、エネルギーを消費しますので、ポリ袋などに入れて売られている物は袋から出した方がいいでしょう。

春先や秋口などは芽が出やすいので、あまり長く置かないようにします。

またスーパーなどで、冷蔵ケースで売られている物は気をつけましょう、冷蔵障害が出たり(味が落ちやすく痛みやすくなります)、常温に戻したときに春と勘違いして芽が出やすくなります。

土付きの物は、土を落としてはいけません。

ジャガ芋サツマイモ里芋山芋(カットした場合は冷蔵で)土生姜など

冷凍には向きませんが、ショウガは冷凍した後自然解凍をすれば、すりおろさなくても手で絞ることが出来るようになりますので、絞り汁を利用するときには便利です。
山芋類は、すりおろせば冷凍することが出来ます。

※ 夏場の温度の高いときには、冷蔵をした方が日持ちしやすくなります、サツマイモは室温で。(低温障害が発生しやすいので、冷やしすぎには注意しましょう)


ブログトップへ        八百屋のおっさんのお店へ


2009/06/16(火) 18:36 | コメント:0 | トラックバック:0 |
トマトキュウリは、夏の野菜ですが、ラップで包んで冷蔵しましょうただし低温障害が出ますので、長期の保存には向きません。
トマトの場合、堅い物は追熟させた方がいい物もあるので、室温に置き追熟させてから冷蔵しましょう。
生で食べる野菜は、基本的に冷凍できない物と思って下さい。

ピーマン類ブロッコリー、カリフラワーなどは水分が付いたまま冷蔵すると、傷みやすいので、水分を取ってからポリ袋に入れて冷蔵しましょう。
冷凍する場合は、堅いめにボイルした後、食べる大きさに切ってから冷凍しましょう、安く売っているときに冷凍しておけば、常備菜として重宝します。
炒め物などに使うときには、冷凍のまま使えます、サラダに使うときにはレンジで解凍をします。

なすびはラップに包んでおけば、冷蔵でも常温でもおけますが、これも低温障害に気をつけて下さい、冷凍はあまり向かないと思います。

オクラゴーヤは水分が飛びやすいので、新聞紙などで包んで冷蔵しましょう、これも堅いめにボイルした後小口切りにして、平たくラップに広げて包み冷凍が出来ます。


ブログトップへ        八百屋のおっさんのお店へ


2009/06/15(月) 17:17 | コメント:0 | トラックバック:0 |
カボチャ類は、玉のまま置くのであれば新聞紙などで包んで、風通しの良いところに転がしておけばいいですが、カットした物は中のワタと種を取り除き、ラップで包んで冷蔵します。

ズッキーニカボチャの仲間ですが、未熟な物を出荷しているので、新聞紙などで包んで冷蔵します。

カボチャは蒸すか、堅いめにボイルして、使いやすい大きさに切った後、冷凍できます。
ズッキーニは基本的に、冷凍できませんが炒め物に利用するときだけ、堅いめにボイルした物を使う大きさに切って、冷凍しておきましょう。(食味や味はかなり落ちますのでお奨めしません)


ブログトップへ        八百屋のおっさんのお店へ


2009/06/14(日) 19:26 | コメント:0 | トラックバック:0 |
COOKPAD レシピ検索
料理名を入れて検索ボタンを押して下さい。
素材名でも良いです。
developed by 遊ぶブログ
料理のレシピが表示されます、空白にして検索ボタンを押すとたたまれます。
 
カテゴリ
梅 (4)
栗 (2)
 
全部の記事を表示します
記事を探します
野菜の名前を入れればブログ内の記事を探します
 
最新記事
 
プロフィール

八百屋のオッサン

Author:八百屋のオッサン
主婦の賢い買い物のお手伝いをしたいと思います。
選び方や保存の仕方、野菜の豆知識を色々と

只今、内部リンクの更新中です、ご迷惑をおかけします。

 
来てくれた人
 
カレンダー
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新トラックバック
 
My Yahoo! に追加
My Yahoo!に追加
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。