ワンコウォッチ
 
自宅でお買い物
野菜の苗もあります

野菜の苗と栽培セット

家庭園芸用品色々と揃います。

家庭菜園







AmazonStore
by amanatu

 
Amazon リンク
レゴランド


靴・バッグ・デザイナーズ
ブランドまでを紹介します。


商品の到着後30日間以内であれば
送料無料で返品を受付けます。






 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
ブロッコリーの初夏物がたくさん出てくるようになりました、寒い間ブロッコリーは国産物が少なくアメリカなどから輸入品が多かったすが、夏が近づくと国産物がたくさん出て値段も手頃、買いやすい野菜になってきます。

ブロッコリーは手軽に使える野菜として皆さんもよく使われると思います、そのブロッコリーこれからが本番になってきます、スーパーの店頭にもたくさん並んでくるのでつい手に取っているのでは。

ブロッコリー12


キレイに箱詰めされて送られてきます、よく見て下さい葉っぱが付いたまんま送られてきているのを、これはブロッコリーを収穫して送られる時間が少ない国産物にしかできません、ブロッコリーは新鮮な物はこの様に葉っぱが付いているんです。

またブロッコリーも新陳代謝の激しい野菜です、それも低温に強いので冷蔵庫に入れていても黄色くなったことはありませんか、輸送する時でもハッポースチロールの容器に氷と一緒に詰めて輸送することが普通です。

近県から輸送されてくる物は段ボール箱に入れて送られてきますが、品質の劣化が進む前に送られてくるので大丈夫です。

ブロッコリー 米産06

こちらがアメリカから送られてきた物、氷を詰めてあることが分かりますよね、でも段ボール箱に入っていると思われるでしょう、でもこれは内箱、箱ごとハッポースチロールの容器に入れて送られてきます、葉っぱは一つも付いていませんよね、葉っぱが付いていると呼吸が激しくなり劣化のスピードが速くなる為葉っぱは切り落としてきます。

ブロッコリー05


ブロッコリーを選ぶ時皆さんはどこを基準にしていますか、普通に上から見て形の良い物や緑色の物を選んでいると思います、でもチョット見る所を変えてみましょう、それだけで美味しいブロッコリーを選ぶ事が出来ます。
続きを読む »
スポンサーサイト
2010/05/20(木) 19:32 | コメント:0 | トラックバック:0 |
あすっこッて名前が付いた野菜が来ました、聞く所によるとブロッコリーとビタミン菜(シロ菜タアサイまたはタァーツァイとの掛け合わせ、見た目はタアサイの茎が幅広になったように見えます)を掛けあわした新しい野菜、アスパラのような食感にブロッコリーの食べやすさを併せ持つ新感覚の品種です。

あすっこ01

これがあすっこのパッケージです、大きくしまねあすっこと書いてありますね、つまり島根県で作られたオリジナル野菜です。

なんか色々な物を掛けあわせて作られている物って大丈夫って思いますね、でも大丈夫、掛けあわされている野菜は全てアブラナ科の植物ばかり、畑で並べて植えていると勝手に交雑して色んな形態に変わっていくのがアブラナ科の野菜の特徴です。

あすっこ03 あすっこ06 あすっこ10

見た目は菜の花やナバナ、足長ブロッコリーにも見えると思います、つまり掛けあわせてある野菜が全てアブラナの仲間ですので菜の花ブロッコリーの小さい物に見えても仕方がありません。

料理の仕方はサッと湯がいておひたし、サラダ、炒め物、そのまんまで漬け物、天ぷらなど、どんな料理にも相性がいいです、味もあっさりしていて食べ易い野菜に入ります。

リーズナブルな値段で手が出しやすいでしょう、島根県では緑の野菜が不足気味の今の時期に合わせて作られているようで、菜の花ブロッコリーなどと同じ様に使って下さい。

アクが少なく食感もいい野菜で子供さんにはお奨めです、あっさりとした味は子供さんにも気に入ってもらえるでしょう。

選ぶときには袋越しになりますが、緑色の鮮やかな物、つぼみが開いていない物、茎がシッカリしている物を選んで下さい。

付いている葉が黄ばんだ物や花が咲いてきた物は味が落ちてきますので選ばない様に。

菜の花ブロッコリーのように生での保存はあまり効きませんので買ったらすぐにボイルして下さい、冷蔵庫で保存します、またボイルした物は冷凍でも保存が出来ると思います。

ブロッコリーを使った料理の本 菜の花を使った料理の本 季節の野菜を使った料理の本

ブログトップへ        八百屋のオッサンのお店へ


2010/03/11(木) 20:55 | コメント:0 | トラックバック:0 |
今が美味しい時季のカリフラワーですが色が黒ずんで来る事はありませんか、黒以外でも茶色くなってきませんか。

カリフラワ15

白いカリフラワーにこんな色が付いてくるとチョット食べにくいですよね、これってどうしてこんな風になると思います、カリフラワーは箱詰めされて送られてくるのですが、この茶色くなったところが隣のカリフラワーとあたっていたりして押された様な状態になっているんです。

カリフラワーって葉っぱが付いたまんま出荷されてきます、葉っぱを少なくすれば一度にたくさん送れると思いませんか、でも葉っぱを取ってカリフラワーだけを箱詰めするとお互いに擦れあって傷みやすくなるんです、つまり葉っぱはカリフラワーにとってクッション材の役目をしているんです。

つまりこのカリフラワーは直接他の物にあたっていたんでしょうね、だから鬱血した様な感じなんです、でもこのカリフラワー自分の見立てでは出荷されてから1週間位経った様な感じでした。

何故そんな事が分かるのか、まず気温の低いときにはあまり劣化しにくい物なんです、このカリフラワーの葉の部分をよく見てもらうとあまりシャキッとした感じではありません、また白い部分が全体的にノッペリとした感じになっています。

これから温かくなればこの様な状態になるのも早くなりますので気をつけましょう、新鮮な物はこんな風に変色しない物です。

カリフラワ


これが新鮮なカリフラワーで葉先までシャキッとしている事が分かりますか、色も真っ白で瑞々しい感じがすると思います。

この様に箱にきっちりと詰められて送られてきます、ですからカリフラワー同士があたる事はあまりないんですが、少し小さかったりすれば箱の中で踊ります、また大きければ葉をかなり切り落として箱詰めされるんです、その様なときカリフラワー同士があたる事があるようです。
続きを読む »
2010/02/28(日) 23:37 | コメント:1 | トラックバック:0 |
この頃はブロッコリーの方がポピュラーな野菜になってきましたが、その仲間のカリフラワーも冬物が出始めたので食べてみませんか、美味しい物が出始めているので紹介します。

カリフラワ09 カリフラワ12

いかがですか真っ白でよくツボミの詰まった(ツボミの集まりを花蕾(からい)と言います)カリフラワーです、昭和40年代まではブロッコリーよりカリフラワーの方が多く消費されていました、いつの間にかブロッコリーが普通に使われるようになりカリフラワーはあまり店頭にも並ばなくなってきています。

その理由としてブロッコリーは草丈が高く一つの茎に複数のつぼみを付けます、カリフラワーはあまり草丈が伸びないため一カブに一つのツボミしか付けません、またキャベツの仲間で品種改良のときキャベツを掛けあわして作られた物が白いカリフラワーで、原種に近い物はブロッコリーのようにツボミの色が緑色(カリブロ)をした物や紫色(パープルフラワー)をした物があります。

特に日本人に好まれる白いカリフラワーは花蕾(からい)を白くするため、花蕾(からい)の回りにある葉を寄せて上部をしばり花蕾(からい)に日が当たらないようにして栽培されます。

つまり一カブから一つしか収穫できず葉をしばる手間がかかってくるカリフラワーは生産者にとってブロッコリーよりも効率の悪い野菜になってきます、それでブロッコリーの生産の方が農家にとって都合の良い野菜と言えます。

生産量が少なくなってきたためスーパーなど店頭に並ばなくなってきました、普段ブロッコリーを見ることの方が多いため自然とカリフラワーを食べることが少なくなってきたのです、これは生産者の都合もありますが、その手間を価格で返してあげればもっと生産する方も増えると思います。

カリフラワ10 カリフラワ07

良い物を選ぶ時には花蕾(からい)の色が白い物、花蕾(からい)が良く詰まった物、葉が付いた物はしおれていない物を選んで下さい。

裸で売られている物は花蕾(からい)を触ってみて開くような物や葉が柔らかく感じる物は時間がたっていますので選ばないようにしましょう。

炒め物からシチューなどの煮物、焼き物にも使えるカリフラワーをもっと使って下さい、ボイルしたものを甘酢に漬けても美味しく食べられます。

家庭で保存しているとき、花蕾(からい)が茶色く溶けたような物や黒いカビのような物が付いてきますが削れば食べられます、保存をするのであればボイルした物を小さくわけて冷凍することを奨めます。

カリフラワーを使った料理の本

ブログトップへ        八百屋のオッサンのお店へ


2009/12/01(火) 20:26 | コメント:0 | トラックバック:0 |
この頃国産ブロッコリーの産地が北日本に偏ってきました、たとえば北海道産などでこの産地からの出荷が少なくなってくると品不足になってきます、次に出荷されてくる南の方の産地との切り替えがうまくいかないとき商品が不足します、この商品が不足する時季を端境期(はざかいき)と言います。

この端境期を埋めてくれるブロッコリにアメリカ産の物があります、アメリカでは日本と比べられない位のブロッコリが消費されています。

ブロッコリー 米産03 ブロッコリー 米産05

アメリカ産のブロッコリと聞いて輸入品は大丈夫かと思われますが、スーパーで国産品と見比べてもあまり違いはありません、逆に国産品にはこの頃青虫やナメクジが付いているとよくクレームがでます。

青虫やナメクジは野菜を食害します、野菜の見栄えが悪くなりますがこれを駆除する一番簡単な方法は殺虫剤をまくことです、でも虫が付いていると言うことは殺虫剤などがあまり使われていないと言うことになります、見た目は気持ちが悪いですが殺虫剤の量が少ないと思えば逆に歓迎すべき事です、これは八百屋のセールストークではありません。

アメリカ産にはこの害虫が付いていることがほとんどありません、そう聞くと農薬をたくさんかけてあるから虫が付かないように思いますが、アメリカの基準はかなり厳しい物が採用されています、日本での通関検査(抜き取り検査)の基準も厳しく、残留農薬などが検出された場合は輸出国に返されるか廃棄処分にされます、ですから店頭に並んでいるブロッコリは基準をパスした物と言えます。

ブロッコリー 米産01

この様に氷り詰めにされて輸送されてきます、この氷は現地で詰められていますので溶けきる前に日本に到着していると言うことです、ですから輸送にはあまり時間がかかっていないと言えます。

また輸送中の品質劣化を防ぐ為に薬品がかけられていますが、ポストハーベスト(収穫後に保存のためかける農薬)と言います、柑橘類にかけられる防かび剤なども当てはまります、この薬品は水で洗い流せる物で濃度は日本の基準にあった物になっています、またブロッコリは果実を守る為に表面を覆う物質(ブルム)を出していますので直接ポストハーベストには触れていません、この物質はキャベツキュウリトマトなど多くの野菜が分泌する物で人体には影響はありません。

店頭では国産のブロッコリに比べてアメリカ産はかなり安く販売されています、国産品にこだわりがないのであればアメリカ産のブロッコリも選択肢に入れても良いと思います。

店頭で選ぶときシッカリとした物、頭のボコボコした部分(この部分は花のつぼみの集まり)が潰れていたり黄色っぽくなっていない物を選んで下さい。

味の違いはボイルの仕方などで変わる位で食べて違いが分かることはないと思います。

これからの季節温野菜サラダでは欠かせ無い野菜ですので上手にアメリカ産のブロッコリも使って下さい。

ブロッコリーを使った料理の本

ブログトップへ        八百屋のオッサンのお店へ


2009/10/19(月) 18:10 | コメント:0 | トラックバック:0 |
COOKPAD レシピ検索
料理名を入れて検索ボタンを押して下さい。
素材名でも良いです。
developed by 遊ぶブログ
料理のレシピが表示されます、空白にして検索ボタンを押すとたたまれます。
 
カテゴリ
梅 (4)
栗 (2)
 
全部の記事を表示します
記事を探します
野菜の名前を入れればブログ内の記事を探します
 
最新記事
 
プロフィール

八百屋のオッサン

Author:八百屋のオッサン
主婦の賢い買い物のお手伝いをしたいと思います。
選び方や保存の仕方、野菜の豆知識を色々と

只今、内部リンクの更新中です、ご迷惑をおかけします。

 
来てくれた人
 
カレンダー
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新トラックバック
 
My Yahoo! に追加
My Yahoo!に追加
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。