ワンコウォッチ
 
自宅でお買い物
野菜の苗もあります

野菜の苗と栽培セット

家庭園芸用品色々と揃います。

家庭菜園







AmazonStore
by amanatu

 
Amazon リンク
レゴランド


靴・バッグ・デザイナーズ
ブランドまでを紹介します。


商品の到着後30日間以内であれば
送料無料で返品を受付けます。






 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
そうめん南瓜(糸ウリ、金糸ウリとも言います)見た目は大きめの黄色いウリ、でもこれは南瓜なんです、それもそうめんって名前が付いています。

そうめんと南瓜、つながりがないと思われますが、この南瓜面白いんです、茹でると果肉がほぐれて刺身に付いている大根のツマ(ケン)のようになるんです。

岡山県の牛窓で作られている南瓜です。

そうめん南瓜06 そうめん南瓜09

これがそうめん南瓜、あまり目にしたことはないのでは、肌がツルッとしてキレイな南瓜です、見た目はウリに近いので簡単に包丁で切れる様に見えます、でも南瓜です、皮はかなり固くて家庭用の包丁ではチョット手こずるかも。

そうめん南瓜16

半分に切ってみたらこんな感じ、切り口がデコボコしていることが分かりますか、これがこの南瓜の特徴です、このデコボコした果肉が茹でるとほぐれてくるんです、まさかと思われるかも知れませんね、順番にお見せします。
続きを読む »
スポンサーサイト
2010/07/27(火) 21:59 | コメント:0 | トラックバック:0 |
普段ホクホクとした食感の西洋カボチャを食べておられると思います、この頃スーパーで売られているカボチャはエビス系統の西洋カボチャ、日本種の南瓜を見かける事は少なくなってきているのでは。

あまり見かけないと思いますがもし見かけたら一度食卓に乗せられてははいかがですか、日本種の南瓜は粘液質でシットリとした舌触り、南瓜自体に味はあまりありませんがお出汁に合わせて味わいが変わる面白さがあります。

和食料理店に行けば必ずと言っても良いほど、日本種の南瓜料理が添えられていると思います、これは黒皮南瓜に代表される日本種の南瓜は味付けと料理人の腕でその店の看板になり得るからです。

黒皮南瓜15

この黒皮南瓜切り口を見て下さい、切った直後左下の南瓜からは果汁が流れ出してテーブルにしたたっています、これだけ水分が多い南瓜ですからホクホク感はありません、でもこの水分が多い所が日本種の南瓜です、この特徴がシットリとした味わいを醸し出します。

黒皮南瓜17


これだけ水分が出てくるんです、出来れば玉で買って調理するまえに切った方が良いでしょう、この南瓜はチョット若かったので余計に水分が出ています。

この南瓜を調理するときに種を取り除きますが綿の部分はなるべく残しておくことが美味しく食べるコツです、煮含めるときこの綿に味が良く染みこむためです、煮含めるというと煮込む時間を長くする様に感じます、でも煮込む時間は料理によって様々ですが、竹串がスッと入る位で良いでしょう、後は自然に冷まして下さい、この冷めるときに味が南瓜に染みこみます、2日目のおでんが美味しいのと同じ理屈になります。

あまり売られていないかも知れません、見かけられたら一度挑戦してみて下さい、普段食べている西洋種とは違う味わいが楽しめますよ。

カボチャを使った料理の本

ブログトップへ        八百屋のオッサンのお店へ


2010/06/21(月) 21:02 | コメント:0 | トラックバック:0 |
カボチャ(南瓜)は年中店頭にあるので旬が分からないかも知れません、でも夏場と冬場ではカボチャ(南瓜)の産地がぜんぜん違う事に気が付かれましたか。

12月から5月位まで輸入カボチャを多く見かけられたと思います、ニュージーランド産やトンガ産、メキシコ産など暖かい国や南半球からきたカボチャが多かったと思います。

これはカボチャが生育する為には温度が高く、太陽の光がたくさんあたらなければ良い実が出来ない為で旬は夏場で、国産カボチャはこれからドンドン出てくる様になります。

カボチャ 国産カット未熟11

今出ているカボチャは九州からの物が多く、早生物が主流で水分が比較的多いのでホクホク感はチョット足りないかも知れません、でも甘みは十分に乗っているので食べやすいカボチャが多いです。

カボチャ 国産カット未熟01

でもよく見て下さい、右と左のカボチャの違いが分かりますよね、左が良く熟したカボチャ、右が熟し切れていないカボチャになります、カボチャのタネの回りに有る綿の部分が白いのですぐに分かると思います、また果肉の色もチョット薄いことが見えると思います。

カボチャを収穫つるときはツルが乾いてから収穫するんです、でも早生物のカボチャの場合熟し切れない物が混ざることがあるんです、外から見てもあまり分からないことが多いので仕方がないんです、でも買うときには切った物をよく見て買いましょう。

カボチャ 国産カット未熟14 カボチャ 国産カット未熟08

種の部分をアップにしてみました、美味しいカボチャは種がたくさんあってその種が大きくなっている物、種の周りの綿がたくさんある方が栄養分がよくまわっているので美味しくなります。

右側の未熟なカボチャは種が大きくなっていないことが分かりますか、種が薄くてペラペラしていることが分かると思います、これは十分に栄養分がまわっていないからで種が生長したカボチャは果肉の方にも良く栄養分がまわって美味しくなるんです。

この様な未熟なカボチャは追熟しにくく、あまり美味しくなりません出来ればカットしてある物をよく見て美味しいカボチャを選んで下さい。

それでももう少し待った方が美味しいカボチャが手に入れやすくなります、カボチャは収穫してから1月ほど貯蔵庫で保管し熟成させた物が美味しいカボチャになります。

カボチャを使った料理の本

ブログトップへ        八百屋のオッサンのお店へ


2010/06/14(月) 21:33 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ズッキーニは南瓜の仲間だと言う事を知っていますね、よくキュウリと思っておられる方がいます、でも面長の南瓜、ペポ種のカボチャになります。

ペポカボチャって変な名前ですが、たくさんのカボチャの系統ではかなり多くの種類を持っている1属です。

ズッキーニ05 ズッキーニ イエロー02

緑色の物が一般的です、黄色い物もありますがこれはズッキーニが熟して黄色になった物ではなくズッキ-ニの違う種類になります、ズッキーニは花が咲いて1週間位で収穫する野菜です、それで約20㎝位、あまり大きくなると筋っぽくなってしまいます。

大きくなって固くなる物はオクラなどがその代表です、ズッキーニもあまり大きな物は選ばない方が良いでしょう。

家庭菜園で作られてみるとよく分かるのですが、オクラもズッキーニも収穫が遅れるとビックリするぐらい大きくなります、つまり食用に適しているのは未熟な時だけになります。

ズッキーニはフランスなどではよく使われている野菜です、ラタトゥーユといった料理をご存じですか、ズッキーニを炒めて煮込む料理なんです、ズッキーニは油とよく馴染むのでこの調理法は理にかなっています。

油によく合うので焼き物や炒め物など加熱料理が美味しい野菜になります、新しい物でしたら生でも食べられますが皮が硬いので剥いてから使います、生食はあまり奨めません。

やはり炒め物が美味しいと思います、炒め物でしたら皮を剥く必要もありませんし、適度な厚みで輪切りにするだけ、後はどんな味付けでもよく合います。

ズッキーニ 料理01


知り合いに作ってもらったズッキーニの料理です、ソースはかなり凝った物ですが炒めただけらしいです、自分では料理をしないので作り方は分かりません、写真を見て想像して下さい。

ズッキーニを選ぶ時は肌のツヤが良い物、持ってみて手に吸い付くような感じの物、持ち重りのする物を選びましょう、あまり傷の付いた物は見かけませんが、緑色が鮮やかな物を選べば大丈夫です。

南瓜の仲間ですので冷蔵庫にはあまり入れない方が良いのですが、冷蔵庫に入れた方が日持ちはします、その時には新聞紙などで包んでポリ袋に入れて下さい、あまり裸で置くと萎んでしまうので注意しましょう。

あまり大きな野菜ではないので使い切りを奨めます、またポピュラーな野菜になってきたのでどこでも買う事が出来ます、ただ夏場の方が買いやすい値段だと思います。

カボチャを使った料理の本

ブログトップへ        八百屋のオッサンのお店へ


2010/05/13(木) 21:10 | コメント:0 | トラックバック:0 |
カボチャといえばズングリ、ムックりとしてあまり転がらない形が多いのですが、今回熊本県からラグビーボールの形をした南瓜がきました、その名前は万次郎。

カボチャ 万次郎04 カボチャ 万次郎06

いかがですかカボチャというより冬瓜ウリのような形が近いですが、この万次郎れっきとしたカボチャです、余り見かけることもないカボチャですがなかなかネットリとした食感で、糖度もかなり高く美味しいカボチャです。

大きさは長さが30センチ位、重さも3キロぐらいはあります、ラグビーボールの大きさをそのまんまカボチャにした感じです。

この南瓜玉の状態でおけば日持ちも良く、ひとつの苗から10個以上の実ができる良質な野菜なんですが、あまりお目にかかれないのは生産量が少なく、産地で消費される地産地消が進んでいるからでしょう。

カボチャ 万次郎20


縦に半分に切ってみました、果肉がオレンジ色に見えるほど良く熟しています、カボチャは浅い黄色から濃い黄色、オレンジ色に果肉の色が濃くなるほど甘みが濃くなり味も良くなってきます。

ただこのカボチャ日本種に近いのでホクホク感はありません、でも味が濃いカボチャですし煮崩れがしにくいので料理はしやすいでしょう。

どうして万次郎って名前がついたんでしょう、実は土佐にジョン万次郎が種を持ち帰ったものが起源であるといった話も聞きます、土佐から熊本に渡ったのは確かだと思います、実成がよく病害虫に強い品種ですから、これから全国的に作られるようになるかも知れません。

冬場輸入物のカボチャしかお目にかかれないときでも、この万次郎でしたら流通するかも知れません、このカボチャは表面が非常に固いので家庭できることは無理かもしれません、でもカットしてあればあとは家庭用の包丁でも切れますので、カットしたものを買ってきましょう。

選ぶときにはカットしてあるものを選ぶと思いますので、ワタが沢山あって果肉の色がオレンジ色に近いものを選べば問題はないでしょう。

このカボチャ比較的水分が多い部類に入ります、料理をするときにはその水分を利用したメニューがいいと思います、フキや高野豆腐を使った炊合せなどにお奨めです。

カボチャを使った料理の本

ブログトップへ        八百屋のオッサンのお店へ


2010/04/26(月) 19:34 | コメント:0 | トラックバック:0 |
COOKPAD レシピ検索
料理名を入れて検索ボタンを押して下さい。
素材名でも良いです。
developed by 遊ぶブログ
料理のレシピが表示されます、空白にして検索ボタンを押すとたたまれます。
 
カテゴリ
梅 (4)
栗 (2)
 
全部の記事を表示します
記事を探します
野菜の名前を入れればブログ内の記事を探します
 
最新記事
 
プロフィール

八百屋のオッサン

Author:八百屋のオッサン
主婦の賢い買い物のお手伝いをしたいと思います。
選び方や保存の仕方、野菜の豆知識を色々と

只今、内部リンクの更新中です、ご迷惑をおかけします。

 
来てくれた人
 
カレンダー
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
 
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 
最新トラックバック
 
My Yahoo! に追加
My Yahoo!に追加
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。